Kei's Blog

バイクと猫が好きなおっさんのブログ
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

映画「42 世界を変えた男」

近年ではその存在が当たり前になった日本人メジャーリーガーですが、メジャーリーグという組織はつい何十年か前まで白人しかプレーできない閉鎖的な組織でした。第二次世界大戦後もまだ白人のためだけのリーグで、黒人には黒人専用リーグがあったそうです。その根底にあったのは根強い「人種差別」

 

「42 世界を変えた男」は黒人初のメジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンを題材にした映画

 

 

黒人である彼にとって白人だけの組織に飛び込むことは容易なことではありませんでした、というより想像を絶する屈辱的な仕打ちの連続であったようです。

遠征のため各地に移動する列車の客車は彼だけ別の有色人種用、トイレも別、宿泊ホテルからは拒絶され、白人のチームメイトからさえも拒絶され挙句の果てには審判の判定までも偏ったものに。

 

私はジャッキー・ロビンソンに関して黒人初のメジャーリーガーであり差別的な待遇を受けながらも活躍したことと、彼のベースボールカードに高値が付いていることぐらいしか知らなかったのですが、こんなに凄惨な差別を受けていたとは・・

 

本来は短気なジャッキーだが入団時、球団オーナーのリッキーと今後予想されるどのような差別に対しても黙って耐えることを約束。数々の卑劣な仕打ちにも耐え苦行僧のごとくひたすらベースボールに打ち込む姿に誰もが心打たれることでしょう。球団オーナーのリッキーをハリソン・フォードが好演。

 

ジャッキーの活躍でチームは快進撃を続け、仲間たちから徐々に信頼と友情を得るようになりメジャーリーグでも彼は認められる存在となってゆく・・

 

 

彼の背負っていた番号「42」は現在メジャーリーグ全球団で永久欠番となっています。

永久欠番というのは、偉大な功績を残した選手の番号を欠番としてその選手を称えるというもので、あの長嶋茂雄の3番、王貞治の1番も永久欠番ですがそれはジャイアンツ球団内だけでのこと。全球団で永久欠番という前例は日本にはありません。

 

さらに2004年、メジャーリーグ機構はジャッキーがドジャースで初出場した4月15日を「ジャッキー・ロビンソン・デー」と制定。2009年の「ジャッキー・ロビンソン・デー」では全ての選手、コーチ、監督、審判が42番のユニフォームを着て試合に出場。あのイチローもこの日は42のユニフォームを着ています。

 

アメリカには人種差別という負の遺産もありますが、過去の反省とジャッキーの功績を全力で称えるという懐の深さも感じます。

 

 

 

全然関係ありませんが、先日テレビ観戦していた WBA(世界ボクシング協会)世界ミドル級王座決定戦でロンドン五輪金メダリストの村田諒太が対戦相手アッサン・エンダム(フランス)選手にあり得ない判定結果で敗戦となりました。

 

私同様、テレビの前で「嘘だろー!」と叫んだ人は数えきれないほどいるはず。相手からダウンも奪い素人が見たって圧倒的な差で村田選手が有利だったにもかかわらず、ダウンを奪うほどの「有効打」よりも何のダメージも与えていないショボい「手数」を重視した結果とのこと。

 

即座にWBAの会長が判定の不当性を認め二人の再戦を命じ、さらに村田の負けと採点したジャッジ2人に対する6カ月の資格停止処分を公表しました。

 

この際、WBAではなく他団体でのタイトルマッチに挑んだほうがいいんじゃないかなぁ、、と詳しくもないのに勝手に論じるおっさんの独り言。

 

 

音楽・映画 | comments(0) | -

はなしのはなし 後編

前回からの続き。

 

いよいよ入院です。

手術前日からの入院。

 

そして迎えた手術日の朝。

本日の担当になった看護師さんが挨拶に来る。

この看護師さんが、私の「フェチポイント」にど真ん中でハマった美人ナース。

腕に点滴を入れたり体温や血圧を計り手術着に着替えさせてもらいます。

手術を控えてブルーになっているおっさんが唯一癒しを味わった瞬間。

美人ナースからしてみれば、数ある業務の一つをこなしているに過ぎないんでしょうけど・・

 

ちなみに私の「フェチポイント」はかなり変わっているので非公表(変態なのがバレると恥ずかしい)

 

その後、美人ナースの導きで手術室までは自力で歩いて向かい、本人確認のあと手術台に寝かされます。

麻酔担当医からマスクを掛けられ「これから段々と眠くなりますよ〜」という言葉が終わらないうちに意識が遠のく。

 

全身麻酔の経験は今回で2回目なんですが、手術後に叩き起こされるあの瞬間はとても不快なものです。それだけ麻酔で心地よく深い眠りについていたんでしょうね。

 

そして眠りから覚めたとたん、患部に強烈な痛みが。

しかも抜いた奥歯三本の痕を縫い合わせた患部からは血がダラダラと流れ続け、喉にどんどん血が溜まってくる。

手術室の壁にかかった時計を見ると、手術時間は1時間ちょっと。

 

病室までストレッチャーで運ばれている間、舌で患部を触れてみると当たり前であるが今まであった3本の奥歯が無く、荒れた肉片と縫い糸の感触が生々しく伝わってくる。

 

病室に入ってからも痛みは増すばかりで、このままでは耐えられないと美人ナースに痛み止めをお願いする。

痛み止めは点滴から注入するか錠剤を飲まされるのかと思いきや、その美人ナースの口から衝撃発言が。

 

「座薬を入れまーすmoe

 

その時は、とにかくこの痛みを早く緩和させたいという願望しか頭に無いので「お願いします」と躊躇なく返答。

美人ナースに言われるがままエビのような体勢をとったおっさんは、あえなくパンツを下ろされ座薬挿入完了。

今にして思えば、いろんな意味で今世紀最大ともいえるこのビッグイベントに際しエンジョイする心の余裕もなく、露ほども余韻を残せなかったことがとても悔やまれる。

 

あとから担当医に聞いた話では、大きな嚢胞のある一番奥の歯は特に抜くのに苦労したそうで歯の周囲の肉や骨も一緒にえぐり取ったとか。そりゃ、痛いわけだ。

 

効き目の早い座薬のおかげで痛みが和らいだ数時間後、早くも食事の準備がなされたのには驚きました。

確かに前日から食事は控えるよう言われていたのでお腹は空いているが、まだ口の中は血まみれ状態。

しかし、人間の三大欲求の一つである食欲というのは凄いものです。白いお粥を赤く染めながら一気に平らげてしまいました。

写真はその時の食事。

 

 

手術後1泊して無事退院。退院後の検査にも行き経過は良好。

数日間は左ほほが「宍戸錠」のように膨らんでおりましたが。

 

今後は入れ歯が必要になります。

嚢胞が歯の土台となる歯茎周辺の骨までも溶かしてしまっていますが、数年で骨は再生するらしいです。

骨が出来上がるまではインプラントは出来ないとのこと。

 

抜いた奥歯も見せてもらい写真を撮っておきました。

歯根の先に大きな嚢胞がしっかりと付いておりました。

 

※結構グロテスクなのでボカしました、何が何だかわかりませんよね。

 

 

と、おっさんが歯無しになった話の入院から手術・退院までの経緯は取り敢えずここまで。

 

皆さん、歯のケアは怠らずに実施しましょう。

 

 

全然関係ありませんが、このゴールデンウイーク中に年齢を一つ重ねました。

40代最後の歳をどう楽しむべきか、目下画策中であります。

皆さん、ご協力をよろしくお願いいたします。

その他 | comments(2) | -

はなしのはなし 前編

タイトルを漢字変換すると「歯無しの話」

 

先日、歯を抜いてまいりました。

 

ずいぶん前から左上奥歯に違和感があり、鈍痛や出血がありました。

歯医者で歯根治療などをしてきましたが改善せず、セカンドオピニオンで別の歯医者へ。

そこの歯医者さん曰く、私の上顎の奥歯の根っこが先天的に長くて副鼻腔内に突き抜けているらしいのです。

その根っこが副鼻腔内で炎症を起こしている可能性があり、治療は口腔外科に行く必要があるとのことで紹介状をもらい大きな病院の口腔外科へ。

 

そこで告げられたのが「奥歯3本の抜歯」

 

実はこの診察を受けたのは去年のことで、3本の歯を抜くのに大きな抵抗があり1年ほど放置してしまったのです。

しかし、放置しても症状が治まるはずもなくようやく覚悟を決めて今回の抜歯と相成りました。

 

改めてCTスキャンで確認したところ一番奥の歯の根っこの先端に大きな「嚢胞」があったためこれを摘出するため全身麻酔の手術が必要となってしまいました。

 

顔を横から見たCT画像

この画像を見た口腔外科医師の最初の一言

「こりゃ酷いな」

 

歯の周囲の骨を削ったりするそうで、考えただけでチビリそうです。

歯抜後には穴の開いた歯茎を縫い合わせ3,4日間は頬が腫れ上がる、と説明を聞き終えた時には少しチビってた。

 

たかが歯を抜くのにこんなに大ごとになってしまうとは・・

歯の神様(いるのか?)は何故このような試練を与えるのか・・

子供のころから歯はあまり強くなくて、、

でも歯医者には定期的に通っていたいたにもかかわらず。

 

かくして、3泊4日の予定で入院することとなりました。

 

びびりなオッサンの入院・手術、そして美人ナース現る!、の話はまた次回。

 

 

全然関係ありませんが、愛猫のリンが飼い始めて10年目にしてようやくベッドの枕元で一緒に寝るようになったことが嬉しいここ最近の俺。

 

その他 | comments(8) | -

結婚しました!!

水中ケッコン式です!

 

結婚生活は水没しないようがんばりまーす!!

 

 

えー

 

っと、

 

うちの両親、今年金婚式だそうです。

 

 

 

「4月バカシリーズ」過去ログ
2005版

2006版

2007版

2008版

2009版

2010版

2011版

2012版

2013版

2014版

2015版

2016版

注)写真はイメージです。

 

 

全然関係ありませんが、毎年この時期に開催されるバイクの祭典「東京モーターサイクルショー」へ行って参りました。

 

心からバイクを愛する者たちだけが集う硬派なイベント。

私もこの日ばかりは膨大な煩悩と邪念を一切捨て去り、童のようなピュアな心で広大な有明展示場内をお遍路のごとくひたすら巡って参りました。

そう、言い換えるならばこれは「聖地巡礼」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり、バイクっていいですね。

 

 

その他 | comments(10) | -

LEGO

物心ついた時からうちにはレゴのブロックがあり、弟と車や家を作って遊んでいました。

 

最近のレゴの精巧さは凄いです。

こんな物まで作れたりするんですね。

 

 

そのレゴが名古屋に「レゴランド」をオープンするのだとか。

ディズニーランドみたいな感じなのかなぁ・・

海外にはすでにいくつかあるんですね。

 

レゴ発祥国デンマークにはレゴランドが1968年からあるんだとか(私の生まれ年)

 

4月1日のオープン後は何かと話題になりそうです。

 

 

 

全然関係ありませんが、今日は父方の祖父の命日。

 

もう14年も経ちますが、とても世話になった祖父にはいつも感謝しています。

今もどっかから俺のことを見てるんだろうなぁ。

 

 

 

 

 

 

その他 | comments(0) | -

北の国から

BSフジでドラマ「北の国から」が一挙放送されていて、スペシャルも含めて全て録画し観ています。

 

 

今まで断片的には観たことがありましたが、この際全て制覇してみようかと。

 

様々な名言や名場面が散りばめられており、富良野は私の好きな場所でもあるので毎回観ていて飽きません。

 

 

ドラマの名場面の一つ、雪降る中で宮沢りえと田中邦衛が二人で入った「吹上温泉」はツーリングで訪れた際に、実際に入ってまいりました。

無料の混浴温泉で客はおじいさんとおばあさんばかり。

新婚と思われるカップルの新郎さんだけが入浴し、新婦さんはその模様を離れたところから写真撮影していたのでわざとフルチンで新郎の周りを歩いてやったのも良い思い出です。

 

 

既にお亡くなりになった多くの名優たちが出演、幼かった子役たちが成長して大人になるまでをドキュメンタリーではなくドラマで表現し、その時々の世相や流行歌なども取り入れた稀有な作品だと思います。

 

 

全然関係ありませんが、最近ズボンのファスナーを開けっぱなしで歩いていた日が立て続けに3日ほどありました。

 

もうすぐ春ですね。

趣味・生活 | comments(4) | -

映画「あん」

先日観た映画「あん」

 

とある住宅街の桜の木。

その木のそばのあまり繁盛していない小さなどら焼きの店。

 

雇われ店長として一人で切り盛りする千太郎(永瀬正敏)のもとにある日、徳江と名乗る老婆(樹木希林)がやってくる。

 

徳江は店先にある求人広告を見て「時給が半額でもいいから働かせてほしい」と千太郎に懇願。しかし老体であまりぱっとしない身なりの徳江を見て千太郎は追い払うように断りを入れる。

 

数日後、徳江は自分で作った「粒あん」の入った容器を千太郎に渡して去ってゆく。

 

千太郎は迷惑そうにそれを受け取り味見もせずに店のゴミ箱に容器ごと捨ててしまう。

千太郎の店で使っているあんは業者から仕入れた既製品であった。

ふと思い直しゴミ箱から容器を取り出し味見してみるとそれはそれは美味な「粒あん」であった。

 

それから暫くたったある日、徳江がまた千太郎の店を訪れる。

千太郎は待ってましたとばかりに以前とはまるで違う態度で徳江に接し自分の店で働いてくれるよう依頼する。

 

徳江は千太郎に自分は指が不自由だがあん作りには支障がないことを告げる。彼女の両手の指は変形し皮膚も変色していた。

自宅の住所や連絡先も教えようとはしなかったが、それでも翌日から店で働いてもらうことに。

 

毎日のように早朝からあんの仕込みをし、あん作りのイロハを徳江から学ぶ千太郎。

その甲斐あっていつしか店は行列の出来るほどの繁盛店に。

 

しかしある日、千太郎の雇い主がやって来てあることを千太郎に告げる。

「ここで働いているおばあさん、元ハンセン病だって噂が立ってて・・・・」

 

 

 

 

店の前にある桜の木が時間や季節の移ろいを表し、淡々としたストーリー展開ではあるが引き込まれていく映画です。

 

ハンセン病という相当難しいテーマではありますが、陰鬱な映画にはなっていません。

数カットですが実際の元患者さんであろう方々も出演されております。

 

この病に対する偏見や誤解、悲哀を言葉少ない演技で表現する樹木希林という女優の凄さを再認識しました。

 

キャストはほかに樹木希林の孫でありモックンの娘でもある内田伽羅も重要な役どころで出演しています。

 

 

 

全然関係ありませんが、ネット上の記事で原文を引用しその後に(原文ママ)とある場合はたいてい原文中に誤字脱字があるわけで。

その後、習性的に間違い探しをし、その誤りを発見した時に得られる感覚は「達成感」よりも「残念感」が大半を占めるという法則。

趣味・生活 | comments(4) | -