Kei's Blog

バイクと猫が好きなおっさんのブログ
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

家族旅行


両親が二人とも今年で古稀を迎えます。

家族全員で何か出来ないか、と一番末の弟から提案があり「家族旅行」をする案が浮上。

4人兄弟のうち長男の私と四男の弟との年齢差は16才あり、彼が物心付く頃には私は実家を出ておりました。
家族6人が一緒に住んだ期間はわずか3年足らずだったので、家族全員がそろって旅行したことがありません。

そこでなんとか調整を付けて、ゴールデンウィーク直前にそれが実現しました。

1泊2日の温泉旅行ですが、全員が同じ日に2日間休みを取るのは不可能なので日帰りできる距離にある厚木の飯山温泉郷「元湯旅館」に宿を取りました。いつも私がバイクツーリングで通るルートにある旅館ですが、今まで訪れたことはありません。

今回あえて弟達の嫁さんと子供は留守番してもらい「オリジナルメンバー」での初旅行です。

当日、両親と四男が私の車で午後から出発し先に旅館入り。
次男と三男はそれぞれ仕事が終わってから駆けつけました。
地元から1時間足らずの距離なので全員夕食には間に合いました。


部屋は2部屋用意してもらい片方は両親の部屋(露天の内風呂とベッドのある部屋)




もう片方は兄弟用の内風呂なしの広めの部屋。




旅館内は敷地が広くちょっとした町並みのよう




取りあえず温泉で一息




夕食は個室で



予約時に旅館側には古希祝いとは告げていませんでしたが、我々の会話から事情を悟った仲居さんが機転を利かせ旅館から胡蝶蘭を頂くという心憎いサービス。




料理も美味しくいただきました。




夕食後は部屋に戻り、飲み直しながら雑談。
父親には「バランタイン」の30年物を、母親には新しい携帯電話(らくらくホン)を贈呈。




集合写真
左から
次男(既婚44、息子1人)
長男(未婚46、猫2匹)
父親(既婚69、息子4人)
三男(既婚41、犬1匹)
母親(既婚70、息子4人)
四男(既婚30、娘1人、年内もう1人誕生予定)





兄弟4人が一つの部屋で寝るのも初めて




翌朝、朝食を終えて旅館前で記念写真のあと解散。
サービスや雰囲気は申し分なく、また訪れてみたい旅館でした。



仕事のある私と両親は会社へ直行し、弟たちはズンドバーへラーメンを食べに行ったり帰宅したり。

「家族史」に一つ思い出が加わり、息子としても感慨深い旅行となりました。
この先いつまで一人も欠けることなく集まることが出来ることやら。
家族・親族 | comments(5) | -

祝!結婚 part2

5月のM君の結婚式に次いで、昨日は私の弟の結婚式でした。



私が高校一年生の時に生まれた16才年下の弟です。



すでにお嫁さんのお腹の中には「新しい命」を宿しており、「女の子」ということまで判明しております。



20代同士の結婚ということで、祝福に来てくれたお客さんの層もかなり若め。
ノリのいい若者たちのおかげで、賑やかな披露宴となりました。


披露宴の途中、お嫁さんがお色直しに言ってる最中に突然司会者から我々4兄弟に招集がかかり一言ずつコメントを求められました。

かなり酔っ払っていて、突然のことに何も考えていなかったのでその場の思いつきで
「4兄弟で長男だけがいまだ独身」
「お嫁さんのお父さんは私より一つ年が上なだけ」
「私が高校時代付き合っていた彼女のおっぱいを赤ん坊だった弟に吸わせたことがある」
など「残念なお兄ちゃん」ぶりを披露したら若者たちには結構ウケてました・・・



4兄弟が揃った珍しい光景、右から順番に長男、次男、三男、四男。
私が抱いてるのは甥のトワ君。


残念なお兄ちゃんの分まで、末永くお幸せに!



全然関係ありませんが、結婚式の朝に女子サッカーW杯の決勝戦がやっておりました。

「なでしこジャパン」の大活躍で日本が世界一となったことは既に皆さんご存知かと思います。



キャプテン澤選手の飛び抜けた活躍は世界的にも注目されていますが、チームの重要メンバーとして活躍した「岩清水 梓」選手と「川澄 奈穂美」選手はうちの近所にある「神奈川県立弥栄西高校」の出身なんだそうです。

地元出身の選手が世界一になったと思うと喜びも倍増しますね、、以上。






家族・親族 | comments(8) | -

うちの親父の武勇伝

血の気が多かった親父の「どんだけぇ〜」な武勇伝爆弾


明石家さんまが出ていた番組があまりにも低俗で騒がしいので、テレビ局に抗議の電話をする。チャンネルを変えるという選択肢は無かったらしい。
ちなみに我が家では「サザエさん」の視聴は禁止されていた。理由は不明。


まだ子供だった私と母を乗せ車を運転中、前方をトロトロ走っていた右翼の街宣車にクラクションを鳴らす。「ブッ殺すぞこのヤロー怒りマーク」と大音量スピーカーで怒鳴られる。


犬の散歩中、近所の公園で樹木に放火していた中学生3人を発見し1列に並ばせて殴る。
しかし返り討ちに遭いそうになり、たまたま現場を通りかかった当時高校生だった私に助けを求める。その後、私が代わって中学生達を〆めて土下座させる。


昔隣に住んでいた家族の息子が暴走族で、爆音バイクの音がすると隣家に無言電話を掛ける。夜中に薄暗い部屋の中で無言で受話器を握っている姿を私に見付かり鬼の形相で私を睨む。


そんなファンキーな親父も今ではすっかり丸くなり、社会福祉法人を立ち上げお爺ちゃんお婆ちゃん達の介護と家庭菜園の畑仕事に嬉々として取り組んでいます。










全然関係ありませんが、昨夜のサッカー日本代表の試合前に歌われた国歌は酷かったNG

山田某とかいう空っぽタレントのヘタクソな歌が全国に流れたわけですが、私は清志郎先生に歌ってもらえる日がいつか来ることを切望します、以上。


家族・親族 | comments(8) | -

東京タワー 最終回

テレビドラマ「東京タワー」の最終回でしたテレビジョン

去年このブログ上で、原作のご紹介をしましたが、正直テレビ版はあまり期待していませんでした[:ふぅ〜ん:]

毎週予約録画していましたので、話の展開は分かっていながらも全回観てしまいました汗
そして今日がその最終回だったワケです。

案の定というか、予定通りというか「オカン」との別れの場面では涙が止まらなかったワケで・・・悲しい


奇しくも昨日が私の母の誕生日でして、近所のお寿司屋さん(回転しないトコ)でお祝いしてきました祝

母親には長生きしてもらいたいものです。











全然関係ありませんが、史上最高額の離婚慰謝料のニュースがありましたお金

ロシアの大富豪で、サッカーのイングランド・プレミアリーグ、チェルシーのオーナーも務めるアブラモビッチという人が元奥さんに支払うらしいのですがその額はなんと「1兆円」だそうです!!

「1兆円」という金額は、毎日100万円ずつ使っても2740年かかるそうです。


もうワケがわかりませんムニョムニョ、以上。
家族・親族 | comments(14) | trackbacks(0)

父誕生日

今日は父の誕生日でした祝

父が得意の「カレーライス」を作ったので1品持ち寄りで実家に集合、とのメールを母から受けました。

誕生日の本人が自ら料理を振る舞うというのも変わっていますが、息子たちが何も企画してあげていなかったので・・・汗

弟たちはそれぞれ嫁さんが手料理を持参し、独り身のお兄ちゃんは「セ・ラ・セゾン」の「トライフルケーキ2」をホールで買って持参。

プレゼントは父の好きな焼酎を3本ほど買っていったのですが、兄弟4人揃いも揃ってみんなプレゼントは「お酒熱燗」。つくづく「オリジナリティ」の欠如した息子たち・・ムニョムニョ




宴は賑やかに催され、いつもより気合いの入った父の「シーフードカレー」を堪能してきました。照れくさくて言葉にはしませんでしたが、凄くウマかったぴかぴか。素直に直接言ってあげればいいんでしょうけどねたらーっ

62歳の今もいきいきと老人介護の仕事を楽しんでいる父には、まだまだ現役でいてもらいたいものですパンチ













全然関係ありませんが、このブログのテンプレートを変えてみました。どうですか?

そんなに頻繁にではありませんが時々変えてみます、以上。
家族・親族 | comments(2) | trackbacks(0)

法事

母方の祖父の法事がありました。七回忌です。

相模原はさくら祭りのため渋滞が予想されるので早めに出発しました。予想外に道は空いていたので予定の時間よりかなり早く着いてしまいました。

お墓のあるお寺は高尾山の近くなのですが、途中に公園があるのでそこへ立ち寄りました。



この金色の塔はその公園にある「納骨堂」で労働災害で殉職された方々が慰霊されています。かなり目立つ建物ですよね。



母方のいとこ達と会うのは4.5年ぶりくらいでしょうか。小さい頃は良く一緒に遊んだのですが、今はすっかり疎遠になってしまっています。

みんな家庭を持ち立派に子育てしているようです。



お墓の前でお坊さんにお経をあげてもらい法事は終了です。

その後予約していたレストランでそれぞれお互いの近況を伝え合い話が盛り上がりましたニコニコ


あめが心配されましたが、法事の間は何とか持ちこたえ何よりです。

午後からはかなりの雨と風がありせっかくの桜桜ももう散ってしまうのですね・・この時期いつも感じる無常感[:ふぅ〜ん:]






全然関係ありませんが、親戚や身内から「ちょっと痩せ過ぎじゃないのぉ?」と心配されています。

自分としては丁度いいくらいかな、と思っているんですがたらーっ

この冬も大きな病気もせずに過ごし至って健康なのですが、年も年なので近いうちに初めての「人間ドック」でも受けてみようかなぁ、以上。
家族・親族 | comments(0) | trackbacks(0)

デート

今日は相模大野でデートですラブ

相手は母ですけどたらーっ

先日の母の誕生日にプレゼントは何がいいか聞いたら「よそ行き用の傘が欲しい」というので、本日相模大野の伊勢丹に買いに来たワケです。(昼食付き食事


昼前に実家に迎えに行き、伊勢丹に到着したらまず腹ごしらえです。何が食べたいか聞いたら「和食がいい」というので伊勢丹の最上階に何件かある和食屋さんをまわって、あるお蕎麦屋さんに入りました。




母は「レディースセット」私は「大海老天丼セット」を注文。小心者なので普段はお店の中でフードの写真はなかなか撮れないのですが、今日は撮りましたよカメラ

結構ボリュームがあり二人とも腹一杯になりました。


そして婦人服飾コーナーへ行き、傘選びです。母の希望としては「自動傘」「派手すぎない」「ブランドが前面に出ていない」モノだそうで最終的に2本の傘に絞られました。

「雨の日の夜に暗い色の傘をさしてると車に気付かれなくて危ないよ」と私からの忠告も取り入れて結局選んだのは落ち着いたゴールドで裏地にバラのプリントがある自動傘に決定。




売り場で傘を広げているところをパチリ。なんだかとても嬉しそうな笑顔だったので母の写真をアップしますニコニコ(本邦初公開)

あと何年誕生日を祝ってあげられるんですかねぇ・・来年はもっとイイモノ買ってあげようかなモグモグ







全然関係ありませんが、先日テレビでペペロンチーノの美味しい作り方をプロのイタリアンシェフが教えていましたディナー

熱する前のフライパンにニンニクと鷹の爪とオリーブオイルを入れ熱し始めます。ニンニクが茶褐色になるまで炒めます。麺は10パーセントの食塩水で茹でます。鷹の爪を取り出しオリーブオイルと同量の茹で汁を炒めたフライパンに入れます。

ここからがミソです。熱したオリーブオイルと茹で汁をフライパンでよく揺すって「乳化」させるのです。素人が陥りやすい間違いはこの「乳化」をさせずに油と水が分離したまま麺を入れてしまうのです。

茹で汁の塩分濃度がきちんと出来ていればもう他の調味料はいりません。

早速トライしてみたら、「傑作」が誕生しましたラブラブ シンプルな料理だけに手順次第で味が大きく変わってしまうんですね

みなさんも是非お試しあれ、以上。
家族・親族 | comments(2) | trackbacks(0)

結婚しました!

先日のエープリルフールのはネタでしたが、今回はマジです。

ただし、私ではなく弟の結婚ですが・・・

お相手は彼の小学生時代からの幼馴染みでしっかり者の女性です。
結婚式の段取りも彼女が全て手配し、感動的な式でした悲しい
彼女とは以前からうちの家族の一員のような付き合いでしたので、他人が嫁いできたという感じではありません。
カワイイ妹が出来て、私にもとても嬉しいコトなのです。

彼女のお姉さんと私も中学、高校時代の同級生でとても仲良しでありました。そこでロマンスでも生まれていればドラマチックだったのですが・・・現在は素敵なダンナさんとカワイイ二人の息子達と岡山で飲食店を経営しているそうです。
久しぶりに再会しまさか親戚同士になるなんて・・・とお互い感慨深いモノがありました。




幸せそうな二人を見て、末永い幸せを祈る独身のオ兄チャンでした楽しい
家族・親族 | comments(4) | trackbacks(0)

お年玉

いとこの子供の「ハナちゃん」にお年玉をあげました。




子供の頃は、お正月のお年玉は何よりの楽しみでしたね。

「今年は何を買おうか」とわくわくしながら考えていました・・


そういえば「富士フイルム」のコマーシャルで、お年玉を「お母さんが預かっておくからね」と子供を説得している場面は笑えますね。

確かにこの時期、全国で展開されていた光景だと思います。楽しい
家族・親族 | comments(0) | trackbacks(0)

今年最後のブログ

大晦日です。
今年は私にとってブログ元年となりました。

毎日のネタ探しは大変ですが、みなさんから頂くコメントや「いつも見てるよ」と掛けていただく声に支えられ何とかここまで来ました。
ありがとうございました。

ここでこの一年を振り返って、私的「ビッグニュース」を選んでみました。

それは父親の入院でした。
過労からくるめまいで立っていられなくなり、職場で倒れ救急車で運ばれました。

そして私が救急車に同乗し病院まで付き添ったのですが、その時の模様が下の写真です。




初めて乗った救急車でした。父親の意識ははっきりしていたので、まずは一安心でした。病院までの道のりが少し退屈だったので、不謹慎とは思いつつ車内で収めた一枚です。

数日間の入院を経て復帰した父も今ではデイサービスセンターの忘年会で「箱根八里の半次郎」を演じるまでに回復しました。




来年は果たしてどんな年になるのでしょう。
楽しみなような不安なような・・・

私はいつも前向きに物事を考えるよう努力していますので、きっと私にとって納得のいく結果の出る年になると信じています。

良いお年を!
家族・親族 | comments(2) | trackbacks(0)