Kei's Blog

バイクと猫が好きなおっさんのブログ
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

映画「42 世界を変えた男」

近年ではその存在が当たり前になった日本人メジャーリーガーですが、メジャーリーグという組織はつい何十年か前まで白人しかプレーできない閉鎖的な組織でした。第二次世界大戦後もまだ白人のためだけのリーグで、黒人には黒人専用リーグがあったそうです。その根底にあったのは根強い「人種差別」

 

「42 世界を変えた男」は黒人初のメジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンを題材にした映画

 

 

黒人である彼にとって白人だけの組織に飛び込むことは容易なことではありませんでした、というより想像を絶する屈辱的な仕打ちの連続であったようです。

遠征のため各地に移動する列車の客車は彼だけ別の有色人種用、トイレも別、宿泊ホテルからは拒絶され、白人のチームメイトからさえも拒絶され挙句の果てには審判の判定までも偏ったものに。

 

私はジャッキー・ロビンソンに関して黒人初のメジャーリーガーであり差別的な待遇を受けながらも活躍したことと、彼のベースボールカードに高値が付いていることぐらいしか知らなかったのですが、こんなに凄惨な差別を受けていたとは・・

 

本来は短気なジャッキーだが入団時、球団オーナーのリッキーと今後予想されるどのような差別に対しても黙って耐えることを約束。数々の卑劣な仕打ちにも耐え苦行僧のごとくひたすらベースボールに打ち込む姿に誰もが心打たれることでしょう。球団オーナーのリッキーをハリソン・フォードが好演。

 

ジャッキーの活躍でチームは快進撃を続け、仲間たちから徐々に信頼と友情を得るようになりメジャーリーグでも彼は認められる存在となってゆく・・

 

 

彼の背負っていた番号「42」は現在メジャーリーグ全球団で永久欠番となっています。

永久欠番というのは、偉大な功績を残した選手の番号を欠番としてその選手を称えるというもので、あの長嶋茂雄の3番、王貞治の1番も永久欠番ですがそれはジャイアンツ球団内だけでのこと。全球団で永久欠番という前例は日本にはありません。

 

さらに2004年、メジャーリーグ機構はジャッキーがドジャースで初出場した4月15日を「ジャッキー・ロビンソン・デー」と制定。2009年の「ジャッキー・ロビンソン・デー」では全ての選手、コーチ、監督、審判が42番のユニフォームを着て試合に出場。あのイチローもこの日は42のユニフォームを着ています。

 

アメリカには人種差別という負の遺産もありますが、過去の反省とジャッキーの功績を全力で称えるという懐の深さも感じます。

 

 

 

全然関係ありませんが、先日テレビ観戦していた WBA(世界ボクシング協会)世界ミドル級王座決定戦でロンドン五輪金メダリストの村田諒太が対戦相手アッサン・エンダム(フランス)選手にあり得ない判定結果で敗戦となりました。

 

私同様、テレビの前で「嘘だろー!」と叫んだ人は数えきれないほどいるはず。相手からダウンも奪い素人が見たって圧倒的な差で村田選手が有利だったにもかかわらず、ダウンを奪うほどの「有効打」よりも何のダメージも与えていないショボい「手数」を重視した結果とのこと。

 

即座にWBAの会長が判定の不当性を認め二人の再戦を命じ、さらに村田の負けと採点したジャッジ2人に対する6カ月の資格停止処分を公表しました。

 

この際、WBAではなく他団体でのタイトルマッチに挑んだほうがいいんじゃないかなぁ、、と詳しくもないのに勝手に論じるおっさんの独り言。

 

 

音楽・映画 | comments(0) | -

大野雄二&ルパンティック6@ビルボード東京

ライブ関係でいつもお世話になっている「一番前大好き」さんことN氏より、ビルボード東京での大野雄二&ルパンティック6ライブのベストポジションをゲットしたとのことで厚かましく便乗させて頂いてきました。

 

 

ステージ入り口付近の最前列で大野さんの手元がよく見え、さらに出入りするミュージシャンたちともハイタッチが交わせるというポジション!

周囲にはうちのホールにもお客様で来て下さる常連さんたちも多数いらして、楽しくマニアックな話で盛り上がりながら開演を待ちます。

 

昨年メンバーの入れ替えと増員があり、ルパンティック5からルパンティック6にパワーアップ。

私にとってはパワーアップしてから初めてのライブでした。

 

終始流れる心地よいサウンドにサプライズゲストがあったりとすっかりライブに魅了され、あっという間に時間は過ぎていきました。

 

もちろん満席の会場は大盛り上がりでありました。

 

写真は大野さんの公式ツイッターより

 

Nさん、今回もありがとうございました。

また、よろしくお願いいたします。

 

 

全然関係ありませんが、最近「出汁(だし)」に少々凝っています。

 

今まで味噌汁を作る時は煮干しを使っていましたが、上手く出汁が取れなくて失敗したりしていました。

とある所でパックに入った出汁の試飲する機会があり、出汁ってこんなに旨いんんだ!と目覚めてしまったわけで。

 

茅乃舎(かやのや)や久世福商店(くぜふくしょうてん)のを購入し味噌汁やうどんなどに使ってます。

 

 

 

 

音楽・映画 | comments(2) | -

大野雄二ソロライブ

今年に入ってから活動をお休み中の大野雄二氏。

昨年までとにかくエネルギッシュに活動されてきたため、しばらく英気を養い新たな展開も画策されているとのこと。
多くの大野雄二ファンが「大野ロス」を患っている今日この頃、今年初の大野ライブをMホールにて執り行いました!
まだ本格始動ではないのですが、無理を言ってご出演いただきました。



去年と同じソロライブ。
チケットは完売。
遠くは北海道から駆け付けた「大野ロス」患者さんもいたほど。



大野氏のジャズに対する熱いメッセージや深い知識を余すことなく披露して頂いた「超」の付くほどレアなライブとなりました。

今後の「大野雄二トリオ」および「Yuji Ohno & Lupintic Five」の新展開もとても楽しみです。


全然関係ありませんが、「盆栽」買いました。



黒松



長寿梅



梅は徐々に芽吹いてきています。



開花が楽しみ。
 
音楽・映画 | comments(5) | -

新ルパン三世

オープニングの映像を片目を閉じて見てください。

 


見えましたか?立体的に。
次元大介の銃弾が迫ってくるところなんか特に。
個人的には不二子ちゃんのオッ・・・(以下自粛)

画面が大きいほど分かりやすいかな。


そしてエンディングテーマ「ちゃんと言わなきゃ愛さない」
作曲はもちろん我らが大野雄二。
作詞はなんと、つんく!
そしてヴォーカルは石川さゆり!!




なんなんだこの色っぽい曲は!
クオリティが高すぎますよ、大野さん。



全然関係ありませんが、この映像は何度観ても同じところで笑ってしまう。


音楽・映画 | comments(4) | -

八神純子@ビルボード東京

小学生の頃「パープーターン♪、パープーターン♪」と口ずさんでいた八神純子のヒット曲「パープル・タウン」。
そのほかにも「みずいろの雨」「Mr.ブルー」などの名曲があり、いつかは行ってみたいと思っていた八神純子ライブへついに行って参りました。

タイトルは
八神純子 with 後藤次利 "The Night Flight 2"featuring 佐藤 準 & 村上ポンタ秀一 Special support 松野 "Kay-Ta" 啓太』

Mホールにも度々ご出演頂いている
村上ポンタ秀一さんもご出演とのことでますますテンションあがります。
ちなみに後藤次利さんは元おニャン子クラブ「河合その子」ちゃんの旦那さんです。



場所は六本木ミッドタウン内にある「ビルボード東京」。
ビルボード東京ライブと言えば過去「小泉今日子」「工藤静香」「杏里」「ゴダイゴ」のライブを 最前列どセンター席いわゆる「どセン」で聴いてきました。
その「どセン」ゲッターである一番前大好き氏にお願いし、今回も高倍率にもかかわらずミラクルを起こして頂き「どセン」ゲット。

前方約1.5メートルに八神純子がいて歌っていました。



生で聴く八神純子の歌声は、透明感と艶があり且つ直線的に伸びて心に突き刺さる魅惑のサウンドといったところでしょうか。

いつまでも聴いていたい、と思わせるその歌声に酔いしれた一夜でありました。

セットリスト:
01.サマーインサマー
02.想い出のスクリーン
03.ポーラー・スター

04.Corcovado
05.Boy from Ipanema
06.SUMMER TIME
07.Smooth Operator

08.GWS(Get Well Soon)
09.I'm A Woman
10.みずいろの雨
11.夜間飛行

EN1.パープル・タウン
EN2.Smile
EN3.Mr.ブルー


全然関係ありませんが、昨夜の一番前大好き氏のいでたちは



ど根性ガエルTシャツでした。
六本木のビルボード東京にこのいでたちでやって来た「ど根性」は称賛に値します。

最前列どセンで八神純子さんや他のメンバーにイジってもらえるかと密かに期待していましたが、一切このTシャツには触れられないままライブは終了・・・。

音楽・映画 | comments(4) | -

ポールマッカートニー武道館


4月28日、行って参りました。

開場時間は17時半なので17時前に武道館到着。
九段下の駅から武道館へ向かって大勢の人が歩いておりました。
沿道では「チケット譲ってください」というプラカードを持つ人たちも。



武道館では当日チケットを求める長蛇の列が。

コンビニで受け取ったチケットは「入場券」ではなく「引き換え券」で、席の番号が記載されたチケットの入った封筒が受付にありくじ引きのように封筒を選んで自分の席を確認するというシステムでした。

入場を待つ列に並んでいる時、私の隣にいたやはり一人で来ている年配の女性と少し話をしていました。
その女性は福岡から来ており先日の大阪公演にも行ったとのこと。
そしてなんと、49年前にここ武道館で行われたビートルズコンサートにも来たという「筋金入り」のファンでした。

開場時間を大幅に過ぎてやっと会場入り。
ちなみに私の席は「北西スタンド 1階 H列 19番」
ステージ右斜め後ろなのですが、距離はとても近く肉眼でミュージシャンの顔が見える!



席についてからもさらに待ち時間は続き、その間に会場全体でウェーブを起こしたりしてポール御大の登場を待ちます。

結局、1時間25分遅れでスタート。
でも誰一人文句を言うこもなく、ステージに登場したポール卿を大歓声で迎えます。



すでに東京、大阪と公演をしてきておりセットリストは公開されていたのですが1曲目から「キャント・バイ・ミー・ラヴ」という大方の予想を覆す展開に。



噂通り公演中は一切水を口にしないポール。
とても72歳とは思えないタフさです。




今までコンサートでは1度も演奏したことの無いビートルズナンバーなども織り交ぜ、約2時間全28曲の武道館公演でした。

1. キャント・バイ・ミー・ラヴ
2. セイヴ・アス
3. オール・マイ・ラヴィング
4. ワン・アフター・909
5. レット・ミー・ロール・イット〜フォクシー・レディ
6. ペイパーバック・ライター
7. マイ・ヴァレンタイン
8. 1985年
9. 恋することのもどかしさ
10. 夢の人
11. アナザー・デイ
12. ダンス・トゥナイト
13. 恋を抱きしめよう
14. アンド・アイ・ラヴ・ハー
15. ブラックバード
16. NEW
17. レディ・マドンナ
18. アナザー・ガール
19. ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ
20. ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト
21. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ
22. バック・イン・ザ・U.S.S.R.
23. レット・イット・ビー
24. 007 死ぬのは奴らだ
25. ヘイ・ジュード
<アンコール>
26. イエスタデイ
27. バースデイ
28. ゴールデン・スランバー〜キャリー・ザット・ウェイト〜ジ・エンド

私は熱狂的なポール・マッカートニーファンというわけではありませんが、ビートルズ時代の伝説的な名曲の数々を生で聴くことができ大変満足した気持ちで武道館を後にしました。


音楽・映画 | comments(8) | -

大野雄二トーク&ライブ

昨夜は私の敬愛するジャズピアニスト大野雄二氏の「トーク&ライブ」をMホールで開催しました。

大野氏に初めてMホールにご出演いただいたのが2005年1月29日。
今年はそれから10年目にあたり初のソロ出演をしていただきました。



50年前に大野氏がプロになりたての頃の非常にレアな音源を聴かせてくれたり、子供の頃のジャズとの出会い、学生時代から現在に至るまでの「作曲家」「ジャズピアニスト」としての大野雄二を余すことなく語って頂きました。

氏の作曲した有名なCMソング「レディボーデン」や「キノコの山」を初めてご本人のピアノで聴くことも出来ました。しかもバラード調です。

「ルパン」との出会いや山田康雄さんとの秘話などは胸が熱くなるような内容で、笑いあり涙ありの100分間でありました。

主催者でありながら一観客として存分に楽しみました。
お越しいただいた皆様にも心より感謝申し上げます!


全然関係ありませんが、自宅のハードディスクに録り貯めた映画を夜中にせっせと観ています。
数年前から、いつ何を観たかメモをしているんですが去年1年間でちょうど200本の映画を観ていました。

ヒマ人と呼ばないでね。
音楽・映画 | comments(6) | -

ポール・マッカートニー

 くじ運の無い私が珍しく抽選に当たるとこのように中止になってしまうんですね・・・




実は過去にもポールの日本公演が中止になったことがありました。
その理由は40代後半より上の方々ならご存知のことでしょう。

当時私はまだ中学生だったのですが、このスネークマンショーを聴き「ポール・マッカートニー」という名前が忘れられないものになりました。



ちなみにこの逮捕で、実際にポールは警官からサインを求められたとのこと。

もう30年以上も前のものなのに、今世間で大騒ぎになっているASKAの件と今回の公演中止の件が妙にリンクしてるところが面白い。
音楽・映画 | comments(4) | -

ライブもろもろ


去年、Mホールで女性ジャズピアニスト国府弘子さんのライブを主催させて頂いた時に国府さんから「来年、ピアノ6台で凄いイベントを企画してるから是非聴いてみて」と言われていました。

そして先日行って参りました「ジャズピアノ6連弾」。
場所は町田市民ホール。



出演:
佐山雅弘 小原 孝 国府弘子 塩谷 哲 佐藤允彦  

ゲスト:
穐吉敏子 (あきよし としこ)

穐吉敏子さんと言えば、あのナベサダこと渡辺貞夫さんのことを「サダオ」と呼び捨てに出来る最後の大御所、御年84歳。

6人のピアニストが一斉に6台のピアノを弾くという前代未聞のイベントで、それはそれは内容の濃いイベントでありました。



圧巻だったのは、穐吉敏子作曲の名曲で国府さんがこの日の為にアレンジした「Long Yellow Road」。何年も前から車の中でよく聴いているお気に入りの曲で、生で聴くイントロでは鳥肌が立つほどでした。この日の帰りも車中で反復していたのは言うまでもありません。

感想としては「凄い!是非また聴きたい!」
ということで2週間後に同じメンバーと内容でサントリーホールで開催されるチケットを購入し、再び行って来てしまいました。

やはりサントリーホールは音の響きが違います。
そしてお客さんの質も良い。実は町田市民ホールでは両脇に座った年配客のマナーの悪さに憤っておりました。開演中にボソボソしゃべったりチラシをウチワがわりにしてパタパタ音を立てて扇いだり・・
 
ちなみにサントリーホールにはステージの後ろ側にも客席があり、その席が取れたことでミュージシャンの手元を良く見ることができました。


同じセットリストの公演を2度聴きに行くことは普段はありませんが今回は別です。
違う角度から2回鑑賞出来たことに大満足。


そして先週は六本木のビルボード東京へ行って参りました。
ライブの主役は「ゴダイゴ」

でも残念なことにミッキー吉野さんが事故に遭われ出演不可能に・・
急遽キーボードに代役が立てられ、さらにホーンセクションも追加されある意味「レア」なライブとなりました。

ライブ前にミッドタウンガーデンを少し散策



私が行くのはセカンドステージだったのですが、ちょうどファーストステージのエンディングの時間だったようでステージ裏のカーテンが開いて盛り上がっている状態をガーデン側から見ることが出来ました。




一緒に行ったお相手はビルボード常連のN氏。
今回も最前列をゲットしていただきました。
いつもありがとうございます!



「ガンダーラ」「ビューティフルネーム」「銀河鉄道999」「モンキーマジック」、、懐かしのヒット曲を堪能してきました。

ドラムのトミー・スナイダーがオープニングのド頭でカウントを間違えるというハプニングもあったり、タケカワユキヒデさんをはじめとしたミュージシャン達と何度も握手できたりと楽しいライブでありました。


全然関係ありませんが、コンパクトデジカメを買い換えました。
以前のは7年も前に買った物で結構な値段でしたが、今回のは値段も安く性能は格段に上がっています。

左が古い「Panasonic Lumix DMC-FX55」右が新しい「FUJIFILM F1000EXR」


一昔前の一眼レフよりいい画像が撮れるのではないかというクオリティに驚いています。

音楽・映画 | comments(6) | -

杏里ライブ

杏里の曲を聴くと青春時代の思い出が走馬灯のように甦る・・・

先日、ビルボード東京で開催された「杏里ライブ」へ行って参りました。



同行のお相手は「一番前大好き」さんことN氏。
例によってN氏にチケットの手配をお願いし
今回ゲットしてもらった整理番号はコチラ↓




さすが「1番前大好き」の名に恥じぬ行動力。
この行動力がのちにN氏に幸運をもたらす・・

場内では自由に席を選べるので当然1番最初に入場し陣取った席は
もちろん、かぶりつき!




杏里の歌を生で聴くのは初めて。
多少の緊張とワクワク感の中、定時でライブ開始。

管楽器とコーラスを加えたバンド演奏に乗せて「キャッツ・アイ」「悲しみがとまらない」「サマーキャンドル」などのヒット曲の数々を披露し、アンコールの締めは杏里のデビュー曲「オリビアを聴きながら」

オープニング直後、涙を流して聴いているN氏に杏里が気づき「泣いてるの?涙を拭いてあげる」とタオルで涙をぬぐってもらいさらに「あなたの好きな曲は?」などと会話を交わすハプニングも。

周囲から「いいなぁ~」という羨望と嫉妬の入り混じったまなざしがN氏に向けられていたのは言うまでもありません。

私の一番好きな曲「スノーフレイクの街角」が聴けなかったのは残念でしたが、杏里の抜群のスタイルと歌唱力に釘づけになり、あっという間の1時間半でありました。



全然関係ありませんが、知り合いの「着物リメイク」作家さんに気楽に着られるベストを注文していました。

着物の和布をリメイクし洋服を作っている第一人者で本なども出版されている方なのですが、その方の作品展を見た時に「何か作ってくださいよ」とお話したのが始まりでした。

テーマは「見た目は地味だが裏地は派手に」

採寸と布地の選定も終わったので、完成次第お披露目いたします。

音楽・映画 | comments(3) | -