Kei's Blog

バイクと猫が好きなおっさんのブログ
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

パクチー

タイ料理などのエスニック料理でお馴染みのパクチー。

 

苦手な人も多いかと思いますが、最近ちょっとしたパクチーブームのようで私のよく行く「KALDI」でも関連商品を多く取り扱っています。

 

その中で私が実際に試してみて美味しかったおススメ品をふたつばかり。

 

一つ目は「パクチードレッシング」

 

 

これは肉、魚、野菜の何にでも合います。

KALDIのオリジナルブランドで国産パクチーを使用。

他ブランドのパクチードレッシングもいくつか試しましたが、これがダントツ1位。

パクチーの臭みもあまり強くないので、苦手な人にもいけるかもしれません。

 

 

二つ目は「パクチーディップ」

 

 

野菜スティックやクラッカーなどとの相性が抜群!

あまり大きな瓶ではなく、食が進むのであっという間に無くなります。

こちらもKALDIのオリジナルブランドで国産パクチーを使用。

(※KALDIの回し者ではないよ)

 

両方とも値段は500円前後と決して安くはないのですが、私の経験上安いパクチー商品は質も悪く美味しくない。

 

デトックス効果、アンチエイジング効果、豊富なビタミンといいことづくめのパクチー。

でも食べ過ぎると腹痛や頭痛の副作用もあるとか。

ご興味ある方のご参考になれば。

 

 

全然関係ありませんが、ちょっとビックリしたニュース

 

連載40周年を迎えた人気漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が、今月17日発売の『週刊少年ジャンプ』42号(集英社)で、最終回を迎えることが発表された。

 

最近は全然読んでいないが、小学生の頃から知っていていまだに続いている漫画が終わってしまうのは残念・・

 

両さんの同僚で4年に1回、夏季オリンピックの開催年に登場するキャラクター「オリンピック男」が個人的には好きでした。

4年間寝続けているのですが、オリンピックイヤーに目覚めたときには未解決事件を解決できるという特殊能力があるのでクビにならないという設定。

寝ている間に世の中があまりにも変わっていて両さんたちがいちいち説明してあげる、というのが40年も続いたこち亀ならではのお約束の展開。

今年も登場したみたいです。

 

 

 

食べ物・飲み物 | comments(2) | -

珈琲

お酒も好きですがコーヒーも好きです。
一日に必ず1杯から3杯くらいは飲んでます。

下手の横好きで生豆を仕入れて自家焙煎などもしておりますが、味にバラつきがありプロの味には程遠い・・

お気に入りのコーヒー店も何件かあり、そこのマスター達から知識を仕入れたりしてます。
そのうちの一軒には変わり種のお店も。
凝り性のマスターが厳選し焙煎した豆から淹れるコーヒーはお湯の温度管理や抽出の時間管理が徹底しており味やのど越しが絶品なのです。
しかしそのお店はコーヒー店ではなく、なんとトンカツ屋さん。
もちろんトンカツもとても柔らかい肉を使用しており大変美味しいですよ。

コーヒーを淹れるにあたって豆の挽き方も味を大きく左右します。
豆を押しつぶすように臼状の刃で挽くと摩擦熱が発生し味が落ちてしまうのだとか。

そこで先日ちょっとスペックの高い機械を購入。
カッティングミルといって摩擦熱が出にくい挽き方が出来ます。


素早く均一な粉に挽け重宝しています。
もちろん味もいいですよ!


全然関係ありませんが、地元のお祭りで「相模相撲相模場所」が行われるそうです。
 
食べ物・飲み物 | comments(4) | -

最近のハマりもの

お酒を飲む機会が増え、風邪を引きやすい季節となりましたがいかがお過ごしでしょうか。

ここ最近ある食材にハマっています。

その一つは「豆乳」
ただの豆乳ではなく「三代目茂蔵豆腐」というブランドから販売されている「無調整濃厚豆乳」という豆乳なのです。



名前の通りとにかく濃厚で温めるとそのまま湯葉が出来、にがりを加えると豆腐が出来るという代物。

この豆乳を飲み始めてから胃腸の調子が良く、お酒を飲んだ後の悪酔いが無くなりました。
1000mlで税込108円という価格も魅力的。
メイン商品の豆腐もとてもリーズナブルで美味しいですよ。

販売されている場所が限られているので、ご興味のある方はコチラで検索してみてください。

もう一つハマっているのが「酒粕」



この酒粕に魚や肉を漬け込んで焼くと「料亭の味」のような上品なお味に早変わり。

酒粕といってもピンキリあるようで、吟醸酒などのいいお酒を作った時に出来る酒粕のほうがお味が宜しいようです。

酒粕レシピなどを見ると応用の範囲が非常に広いので、今後も色々チャレンジしてみます。



全然関係ありませんが、12月だというのにこの暖かさは異常ですね。
その一方でこの冬は大雪になりやすいという情報もあります。
去年のような大雪だけは勘弁してほしいなぁ・・
食べ物・飲み物 | comments(5) | -

梅酒

庭の梅の木に大量の梅がなっているので収穫に来い、との母からの要請により実家へ。

梅の木は1本だけですが、確かに手の届かないところに沢山の梅の実が。

梯子をかけてよじ登り梅を落としていきます。



結構大粒でしっかりした梅が採れました。



予めネットで購入していたお酒。
今年はこの2種類で漬け込みます。



半年くらいしたら飲んでみます。





全然関係ありませんが、今週は武田鉄矢の「海援隊」、来週は「八神純子」のライブへ行ってきます。

昭和歌謡にどっぷり身を浸してきます。
食べ物・飲み物 | comments(4) | -

ふるさと納税

何年か前から始まった「ふるさと納税」制度。

雑誌やネットで情報を集め今年から活用してみることにしました。

ふるさと納税って何?
簡単に言えば、自治体へ寄付をすることで寄付金の額に応じて住民税などがある程度控除される制度です。

ふるさと納税のメリットは?
住民税などの税金が控除されるうえに寄付をした自治体から「お礼の品」が送られてきます。
主にその自治体の特産品などですが、これが負担額以上にお得なのです!

詳しくはこちらで

http://www.furusato-tax.jp/about.html

この制度を活用するには確定申告をしなければならないという手間もありますが、私の場合は毎年確定申告しているので余計な手間ではありません。

すでに受け取っているのは島根県浜田市の「ケンボロー芙蓉ポーク ハム・ベーコン・ソーセージ詰め合わせ」




鳥取県米子市の「大山Gビール・鬼太郎ビールセット」



このほかにも北海道厚真町の「ジンギスカンセット」など飲食物ばかりチョイスしてます。まだお米やお肉、魚の干物、焼酎など到着待ちの品もあり秋の夜長を愉しむ準備万端なのであります。


こちらのサイトを利用するとヤフー決済でクレジットカード払いが出来るので申し込みも簡単。

http://www.furusato-tax.jp/


ご興味のある方は是非利用してみてください。


全然関係ありませんが、先日ツーリングでよく行く千葉の房総半島にある鋸(のこぎり)山へ行ってきました。



「地獄のぞき」という断崖に立った時には足がすくみました・・・


食べ物・飲み物 | comments(6) | -

お酒

 最近飲んでいるお酒

バランタイン17年物


バランタイン12年物はよく売っていますが17年物はあまり見かけません。
12年物と比較すると、バランタイン独特の豊潤な甘みと味の深みが更に増しています。
水割りにするのはおろか、ロックでももったいない気がするのでストレートで飲み切るつもりです。



バランタインはさらに21年物、30年物とありお値段もうなぎ上りに。
ちなみに30年物はどんなに安くても1本2万円は下りません。
いつかは飲んでみたい・・


芋焼酎 喜六 冬季限定新酒


喜六はよく買っているのですが「冬季限定新酒」は初めて。
実はまだ開封してませんが、喜六の無濾過・無調整の新酒が美味しくない訳ありません。
相模大野に出来た商業施設「ボーノ」内にある酒屋で3本発見し、一人2本までとの制限があり1本だけ購入。



ネット上では品切れ続出で、しかもネットで買うより値段も安く購入出来ました。
もう1本買っておけば良かったかなぁ・・



獺祭(だっさい) 純米大吟醸 磨き二割三分


山口県の倒産しかけていた小さな酒蔵を救った奇跡の日本酒。
テレビや雑誌でも特集され超入手困難となってしまったお酒をなんとかゲット。
先日知り合いのお祝いの宴を私の自宅で催し、参加者みんなで飲みました。


スッキリとした甘さとしっかりとしたコクと軽い喉ごしのバランスが絶妙に取れたとても美味しい日本酒です。
「磨き二割三分」とは、米粒の外側の七割七分(77%)を削り取り中心部分の二割三分(23%)のみを使って作るという贅沢な製法を表しています。
雑味の無いピュアな味わいになるんだそうで。


若い頃のお酒の飲み方は「質より量」でしたが、年を重ねるに連れてだんだん量よりも質を取るようになってきました。

今年はお酒に関して今までよりちょっと贅沢をしてみようかと。
お暇な方、お付き合いくださいね。



全然関係ありませんが、最近買ったお酒のつまみはこんな感じ。


いちじくグラッセ、塩トマト甘納豆、きんかん甘納豆

お年寄りのおやつみたい。

食べ物・飲み物 | comments(7) | -

マヌカハニー

先日、行きつけのコーヒー豆屋さんへ行ったときにお店の片隅で「マヌカハニー」の試食販売をしていました。

小指の爪ほどの量を一日数回食べるだけで腸内環境の改善や風邪の予防になるというのです。

毎年必ずと言っていいほど風邪をひく免疫力の弱い私としては、何とか改善策はないものかと思っていたところなので少々お高い買い物でしたが試しに買ってみました。



去年の暮れにインフルエンザの予防接種を受けたにもかかわらず、今年の1月にはしっかりインフルエンザに罹ったりと自分の抵抗力に自信を失っていたところなのでこのマヌカハニーの効果に期待しています。

全然関係ありませんが、来月開催の「東京モーターショー」でホンダとダイハツが軽自動車のオープンコンセプトカーを出展するようですね。





市販に向けた現実的な動きもあるようで。
これは見に行かなくては!



食べ物・飲み物 | comments(8) | -

梅酒

 実家の庭で梅が豊作だったとのことで、久しぶりに梅酒でも作ろうかと2キロほどもらってきました。

1キロはオーソドックスにホワイトリカーで漬けて



同じものを2つ作っても面白くないので、残りの1キロは日本酒で漬けてみました。



梅酒専用の日本酒というのがあるんですよ(私も初めて知ったのですが)

それぞれ氷砂糖は500グラムずつ。



完成が楽しみです。


全然関係ありませんが、横浜の赤レンガ倉庫が芸術家によって数日間ライトアップされている、との情報をネットで見つけたのが最終日の夜。

渋滞さえなければまだ間に合う!と三脚とコンパクトデジカメを手に取りZ4で急行。あと数時間後に終了という間際に到着し、パシャパシャと撮影。




2棟ある赤レンガ倉庫の1棟が、ホログラムのような特殊な映写機で幻想的にライトアップされていました。30秒ほどでじわじわといろいろな柄に変化していきます。




普通のシャッター速度で手持ちで撮影すると全然ダメですが、三脚で固定し露出を上げて撮影するとコンデジでもそこそこ写りますね。




海風の心地よい夜でした。
食べ物・飲み物 | comments(9) | -

コピ・ルアック

以前観た「かもめ食堂」という映画の中でとてもに印象に残っていたコーヒーの場面がありました。

それは「コピ・ルアック」 という名のコーヒーで、非常に希少なコーヒー豆で味わい深いものと紹介されていたと記憶しています。

この「コピ・ルアック」はどんなものかと言いますと

「ジャコウネコ」という小動物が食べたコーヒーの実が豆だけ消化されずに排泄された後、それをきれいに洗浄しコーヒー豆として商品化されたもの。
ジャコウネコ腸内の消化酵素の働きや腸内細菌による発酵によって独特の香味が加わっている。

つまり、ジャコウネコのウンコなのであります。

先日、いつもコーヒー豆を買っている近所のお店で店員さんから「限定販売でコピ・ルアックを販売予定で予約を受けつけていますがいかがでしょう?」とのお誘いが。

お値段はいつも買っている豆の10倍以上、数量はたったの50グラム。
ちょっと迷いましたが話のタネに買ってみました、ウンコ・コーヒー。


お味の感想は・・
かなり濃厚でコクのある味なのですがキレもあります。
飲んだ後もしばらく口の中に香りとコクが残ります。
これが特殊な発酵を経た豆の特徴なのでしょうか。
私はいつも大きなカップで2杯分淹れて飲むのですが、このコーヒーは1杯分ずつ飲むのが良いかと思います。

お値段は張りますが、また何か機会があれば買ってみようかな。



全然関係ありませんが、最近とある資格取得のために勉強を始めました。
無謀にも1カ月後に試験を申し込んでしまいました・・自分を追い込まないと勉強しないので・・

そんなに難しいものではないらしいのですが。
資格の詳細に関してはまた後日。

食べ物・飲み物 | comments(4) | -

悪魔の抱擁

Mビルに入居するうどん屋「JUGEM」さんは元和食職人のご主人が作るうどんや一品料理が美味しいこともさることながら、変わった焼酎がいくつも置いてあるお店。

先日、そこで会社の新年会を催した時にお店の奥さんから「また変わった焼酎入ってるよ」と言われて勧められたのが「悪魔の抱擁」という芋焼酎。



およそ焼酎らしくないラベル

お味の方も変わっていて、芋焼酎特有の臭みがあまりなくウィスキーっぽい風味が。
この焼酎はウィスキーを作るときに使う樫樽で熟成されているんだとか。

ロックでもスイスイ呑めてしまい、芋焼酎が苦手という方にも飲みやすい焼酎だと思いますよ。

聞けば年間で1000本しか作らない限定品だとか!
「限定品」の響きに弱い私は、お店にワガママを言って自分用に仕入れてもらいました。しかも2本も。

まだ飲み干しておりませんので、試飲したい方はこっそりご連絡を。
ちなみにどんな料理にも合うと思います。



全然関係ありませんが、新年恒例の「渋さ知らズライブ@渋谷O-EAST」へ行って参りました。

かれこれ5年くらい毎年この恒例ライブに行っているのですが、年々体力の衰えを感じて若者たちと一緒に弾けられなくなってきている・・

しかし今年も会場全体で盛り上がってましたよ



そしてスペシャルゲストは「Chara
歌はもちろん「Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜



去年のフジロック最終日、大トリをつとめたのが我らが渋さ知らズ。
会場に客で来ていたCharaが予告なくアンコールに飛び入りして伝説を作ったというこの組み合わせの再現
食べ物・飲み物 | comments(4) | -