Kei's Blog

バイクと猫が好きなおっさんのブログ
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 大野雄二&ルパンティック6@ビルボード東京 | main | 北の国から >>

映画「あん」

先日観た映画「あん」

 

とある住宅街の桜の木。

その木のそばのあまり繁盛していない小さなどら焼きの店。

 

雇われ店長として一人で切り盛りする千太郎(永瀬正敏)のもとにある日、徳江と名乗る老婆(樹木希林)がやってくる。

 

徳江は店先にある求人広告を見て「時給が半額でもいいから働かせてほしい」と千太郎に懇願。しかし老体であまりぱっとしない身なりの徳江を見て千太郎は追い払うように断りを入れる。

 

数日後、徳江は自分で作った「粒あん」の入った容器を千太郎に渡して去ってゆく。

 

千太郎は迷惑そうにそれを受け取り味見もせずに店のゴミ箱に容器ごと捨ててしまう。

千太郎の店で使っているあんは業者から仕入れた既製品であった。

ふと思い直しゴミ箱から容器を取り出し味見してみるとそれはそれは美味な「粒あん」であった。

 

それから暫くたったある日、徳江がまた千太郎の店を訪れる。

千太郎は待ってましたとばかりに以前とはまるで違う態度で徳江に接し自分の店で働いてくれるよう依頼する。

 

徳江は千太郎に自分は指が不自由だがあん作りには支障がないことを告げる。彼女の両手の指は変形し皮膚も変色していた。

自宅の住所や連絡先も教えようとはしなかったが、それでも翌日から店で働いてもらうことに。

 

毎日のように早朝からあんの仕込みをし、あん作りのイロハを徳江から学ぶ千太郎。

その甲斐あっていつしか店は行列の出来るほどの繁盛店に。

 

しかしある日、千太郎の雇い主がやって来てあることを千太郎に告げる。

「ここで働いているおばあさん、元ハンセン病だって噂が立ってて・・・・」

 

 

 

 

店の前にある桜の木が時間や季節の移ろいを表し、淡々としたストーリー展開ではあるが引き込まれていく映画です。

 

ハンセン病という相当難しいテーマではありますが、陰鬱な映画にはなっていません。

数カットですが実際の元患者さんであろう方々も出演されております。

 

この病に対する偏見や誤解、悲哀を言葉少ない演技で表現する樹木希林という女優の凄さを再認識しました。

 

キャストはほかに樹木希林の孫でありモックンの娘でもある内田伽羅も重要な役どころで出演しています。

 

 

 

全然関係ありませんが、ネット上の記事で原文を引用しその後に(原文ママ)とある場合はたいてい原文中に誤字脱字があるわけで。

その後、習性的に間違い探しをし、その誤りを発見した時に得られる感覚は「達成感」よりも「残念感」が大半を占めるという法則。

趣味・生活 | comments(4) | -

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

あん、観ました。
ドリアン助川さん原作ですね。

大切なものを教えてもらった感じでした。

人の心の底に流れる差別感覚も根強くなくならないんだなと思ったり。

なんだか嫌な方向へ流れて行っている世の中だからこそ、こういうのを観て何かを感じ、考える事が大切ですよね。

昨年「グレーテルのかまど、という番組でドリアン助川さんが取り上げられてました。どらやきのレシピは今もサイトに載ってます。
Toji | 2017/02/21 9:30 AM
>Tojiさん

ご覧になられたんですね。
共感してくださる方がいらして嬉しです。

フェイスブックページにレシピもありますね。私は「こしあん」より断然「粒あん」派です。

あと、ドリアン助川さんと古田新太さんの区別があまりつきません(笑)
k | 2017/02/21 10:18 AM
「あん」見てみたい映画です。
以前介護で通った施設のそばにハンセン病療養所がありました。
緑豊かな緑道がつづく場所で公園かと思っていたのですが
調べてみて本当に色々なことを知りました。
DVDさがしてみようかな。

最近 短期間に同じ映画を映画館で三回観ました。
ドキュメンタリー映画「人生フルーツ」
先日 お父上に熱くお勧めしてまいりましたよ。
ブログに感想を書きたいのですが
色々感じるところがありすぎてまだ文章に出来ずにいます。

是非keiさんにも見てほしいです。
ティガー | 2017/03/15 6:07 AM
>ティガーさん

ハンセン病を扱った映画の中で一番衝撃的だったのは「砂の器」でしたが、この映画はゆっくりとしたタッチで問題を描きそれはそれでインパクトがありました。

「人生フルーツ」は9月にうちのホールで上映が決まったようですよ。主催はうちの父親で(笑)
k | 2017/03/15 10:51 PM
コメントする