Kei's Blog

バイクと猫が好きなおっさんのブログ
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

映画「あん」

先日観た映画「あん」

 

とある住宅街の桜の木。

その木のそばのあまり繁盛していない小さなどら焼きの店。

 

雇われ店長として一人で切り盛りする千太郎(永瀬正敏)のもとにある日、徳江と名乗る老婆(樹木希林)がやってくる。

 

徳江は店先にある求人広告を見て「時給が半額でもいいから働かせてほしい」と千太郎に懇願。しかし老体であまりぱっとしない身なりの徳江を見て千太郎は追い払うように断りを入れる。

 

数日後、徳江は自分で作った「粒あん」の入った容器を千太郎に渡して去ってゆく。

 

千太郎は迷惑そうにそれを受け取り味見もせずに店のゴミ箱に容器ごと捨ててしまう。

千太郎の店で使っているあんは業者から仕入れた既製品であった。

ふと思い直しゴミ箱から容器を取り出し味見してみるとそれはそれは美味な「粒あん」であった。

 

それから暫くたったある日、徳江がまた千太郎の店を訪れる。

千太郎は待ってましたとばかりに以前とはまるで違う態度で徳江に接し自分の店で働いてくれるよう依頼する。

 

徳江は千太郎に自分は指が不自由だがあん作りには支障がないことを告げる。彼女の両手の指は変形し皮膚も変色していた。

自宅の住所や連絡先も教えようとはしなかったが、それでも翌日から店で働いてもらうことに。

 

毎日のように早朝からあんの仕込みをし、あん作りのイロハを徳江から学ぶ千太郎。

その甲斐あっていつしか店は行列の出来るほどの繁盛店に。

 

しかしある日、千太郎の雇い主がやって来てあることを千太郎に告げる。

「ここで働いているおばあさん、元ハンセン病だって噂が立ってて・・・・」

 

 

 

 

店の前にある桜の木が時間や季節の移ろいを表し、淡々としたストーリー展開ではあるが引き込まれていく映画です。

 

ハンセン病という相当難しいテーマではありますが、陰鬱な映画にはなっていません。

数カットですが実際の元患者さんであろう方々も出演されております。

 

この病に対する偏見や誤解、悲哀を言葉少ない演技で表現する樹木希林という女優の凄さを再認識しました。

 

キャストはほかに樹木希林の孫でありモックンの娘でもある内田伽羅も重要な役どころで出演しています。

 

 

 

全然関係ありませんが、ネット上の記事で原文を引用しその後に(原文ママ)とある場合はたいてい原文中に誤字脱字があるわけで。

その後、習性的に間違い探しをし、その誤りを発見した時に得られる感覚は「達成感」よりも「残念感」が大半を占めるという法則。

趣味・生活 | comments(4) | -

大野雄二&ルパンティック6@ビルボード東京

ライブ関係でいつもお世話になっている「一番前大好き」さんことN氏より、ビルボード東京での大野雄二&ルパンティック6ライブのベストポジションをゲットしたとのことで厚かましく便乗させて頂いてきました。

 

 

ステージ入り口付近の最前列で大野さんの手元がよく見え、さらに出入りするミュージシャンたちともハイタッチが交わせるというポジション!

周囲にはうちのホールにもお客様で来て下さる常連さんたちも多数いらして、楽しくマニアックな話で盛り上がりながら開演を待ちます。

 

昨年メンバーの入れ替えと増員があり、ルパンティック5からルパンティック6にパワーアップ。

私にとってはパワーアップしてから初めてのライブでした。

 

終始流れる心地よいサウンドにサプライズゲストがあったりとすっかりライブに魅了され、あっという間に時間は過ぎていきました。

 

もちろん満席の会場は大盛り上がりでありました。

 

写真は大野さんの公式ツイッターより

 

Nさん、今回もありがとうございました。

また、よろしくお願いいたします。

 

 

全然関係ありませんが、最近「出汁(だし)」に少々凝っています。

 

今まで味噌汁を作る時は煮干しを使っていましたが、上手く出汁が取れなくて失敗したりしていました。

とある所でパックに入った出汁の試飲する機会があり、出汁ってこんなに旨いんんだ!と目覚めてしまったわけで。

 

茅乃舎(かやのや)や久世福商店(くぜふくしょうてん)のを購入し味噌汁やうどんなどに使ってます。

 

 

 

 

音楽・映画 | comments(2) | -

人工知能 AI

最近よく耳にする言葉「AI」

 

人工知能という意味で「Artificial Intelligence」の略なんだとか。

 

チェスや囲碁で人間を負かしたり、自動車の自動運転を可能にしたりと人間の知能に迫る勢いで開発が進んでいますがその状況を今までは「へぇー、すごいんだねぇ」くらいの感覚で世間は見ていたと思います。

 

しかし将来この発展が何をもたらすか、ということを真剣に考えてみると空恐ろしい現実が待っていることに気づきませんか?

 

一つ例をとってみると自動車の完全自動運転が実現した場合、トラック運転手やタクシー運転手など運転に関わっていた人たちの職場は全てAIが担うことに。

 

農業・製造業・サービス業などあらゆる分野でAIに出来ない業種を探すほうが難しくなり、人間が携わるのほんの僅かな管理業務だけ・・という世の中が着実に近づいてきているような気がしてなりません。

 

では職にあぶれてしまった人たちはどうやって生計を立てればいいんだろう。一握りの人間以外、仕事もお金もない人間が世の中にあふれている世紀末的な状況。しかしその状況を作り出してしまったのは言うまでもなく我々人間たち・・・

 

 

と言いつつ、年末にこんな物を買ってしまいました。

 

 

AIに依存し翻弄される愚かな人間・・でも楽チン

 

 

全然関係ありませんが、遅ればせながら明けましておめでとうございます。

今年も宜しくお願いします。

 

その他 | comments(6) | -

大晦日

今年も最後の日がやって参りました。

 

国民的アイドルグループSMAPの解散の日でもありますね。

私は大ファンというわけではありませんが、20代の頃から聞き慣れたヒット曲の数々を歌ったグループの解散は寂しく思います。

 

修復不可能なほどの亀裂が入ってしまったグループ内での人間関係。何があったのかはメンバー以外には知り得ないことですが、自分の身の回りの人間関係でも似たような状況は多々生じることだと思います。

 

人間として、社会人として生きてゆくことは大変なことですね。

来年こそは心穏やかに過ごせる年にしたいと思いますが、どうなることやら。

 

今年もありがとうございました。

また来年もがんばりましょう!

その他 | comments(0) | -

新潟紀行 後編

前回からの続きです。

 

新潟県燕市といえば、昔から金属加工業で有名なところ。

私も燕市で製造されたステンレスの二重構造タンブラーをビール用に愛用しています。

保温、保冷に優れているんですよこれ。

 

そんな燕市の中でも唯一、1枚の銅板を鎚で叩き起こして銅器を製作する「鎚起銅器」(ついきどうき)の伝統技術を二百年弱に渡って継承している老舗企業として有名なのが「玉川堂」(ぎょくせんどう)

 

 

工房内を見学でき、職人さんから説明を受けることができます。

一枚の銅板を手仕事で叩いて作成されたやかん。注ぎ口も後付けではなく叩いて形成するとか。

相当な労力と時間、行程を経ており左側のカボチャをモチーフにしたやかん1個のお値段70万円也。

 

 

続いては、新潟で有名なパワースポット「弥彦神社」

強力なパワーが発散されていそうな荘厳な佇まい。

沢山のパワーを蓄積して参りました。

 

 

 

最近よくテレビなどで紹介されているワイナリー「カーブドッチ

広大な敷地内にはワイナリーだけでなく、レストラン・スパ・宿泊施設なども充実しておりリゾート地として全国からお客さんが集まってくるそうです。

以前から訪れてみたかったワイナリー。

ここのワインは新潟でしか入手できないので、赤ワイン・白ワイン・シャンパンをケース買い。

 

 

 

鮭漁で有名な村上市へも行ってまいりました。

伝統の「塩引鮭」

日本酒でも有名な地で、晩酌用に日本酒と鮭のつまみをゲット。

 

 

現地でお世話になったNさんYさんと同僚の方々ありがとうございました。

充実の4泊5日新潟紀行でありました。

 

 

全然関係ありませんが、母がフェイスブックを始めたいというのでネット通販でタブレットを見繕ってやり購入。

アカウントを作って毎日タブレットと格闘中。

 

何となく操作方法を覚えてきたようで、お友達の書き込みに「いいね」を押しまくっております。

 

趣味・生活 | comments(2) | -

新潟紀行 前編

久しぶり(2年ぶりくらい)に1週間の休暇が取れたので、どこかで骨休みをしようかと。

 

そして行ってきたのは新潟。

 

私の祖父は新潟の出身なので、私のルーツは新潟にあるんです。

とは言っても今まで2,3度しか新潟には行ったことがなく、今回は勝手に「大人の社会科見学」と題してのドライブ旅行。

 

4泊5日の新潟を楽しんでまいりました。

 

佐渡島へ渡り、佐渡金山へ。

 

 

実際の坑道を歩き江戸時代の金山での労働風景や歴史を見学。

江戸幕府の管理下、電気や機械の無い時代いかにして金を採掘していたかを非常に興味深く見てまいりました。

世界遺産にも登録申請しているとのこと。

 

 

折角なので、お土産屋さんで売っていた「金」も購入。

もちろんその日の金相場で値段設定されておりました。

 

 

翌日は「爪切り」で有名な「諏訪田製作所」のファクトリーへ。

以前こちらで紹介した爪切りを製造している会社です。

 

 

とても洗練されたファクトリーで、工場見学もできます。

製造工程がガラス張りになっており、職人さんの技を直に見ることが可能。

 

 

お洒落なショップとカフェもあります。

 

 

すっかり遠足気分に浸っていた新潟紀行、次回後編に続きます。

 

 

 

全然関係ありませんが、本日のニュース速報で「ASKA覚醒剤でまた逮捕」

ついこの間ものりピーの元旦那が薬物所持で逮捕。

大麻解禁を訴え国政選挙に打って出たが大麻使用で逮捕の元女優高樹沙耶。

 

皆さんよっぽど違法ドラッグがお好きなんですね。

 

趣味・生活 | comments(2) | -

ドナルド・トランプ

こんなこともあるんですね。

 

あんなに危機感を持ってアメリカ大統領選挙を見ていたのは初めてです。

 

結果は、接戦ではなく泡沫候補と言われていたドナルド・トランプの圧勝。

アメリカの選挙制度ではまだこの時点で大統領に決定したわけではありませんが、あの票差ではほぼ決定でしょう。

しかし選挙期間中はあれだけ過激な発言を繰り返していましたが、大統領候補になったとたんトーンダウン。

 

「隠れトランプ支持者」と呼ばれる層が多かったとも言われていますが、本当にその人たちはトランプがアメリカ大統領にふさわしいと思っていたのでしょうか。

現在の閉塞感から脱却するために「何となく」トランプに入れてしまったら他の人達も同じことを考えていて、結果としてトランプ大統領を選出してしまった・・ということもあるんじゃないかな。

 

何だか先日イギリスがEUからの脱退を決した国民投票の時と状況がダブります。

 

かのロナルド・レーガンも「元ハリウッド俳優」が大統領になったと世間を騒がせ、就任3か月足らずでに暗殺未遂事件に巻き込まれています。アメリカ大統領は「世界で一番命を狙われている人物」と言っても過言ではないので、今後はかなり厳重な身辺警護が必要になるでしょう。

 

超大国アメリカの動向は日本や周辺諸国の政治経済に対しても大きな影響があります。

大物実業家が政治の世界ではどれほどの手腕を発揮できるか今後大きな興味と不安を持って見ていきたいと思います。

 

 

全然関係ありませんが、最近高齢者が運転する車の暴走事故が多いですね。

原因はほとんどが「アクセルとブレーキの踏み間違い」

 

高齢化社会になるに連れて「自動ブレーキ技術」の必要性が高まっていると思います。

私の父も74歳でまだ現役で車の運転をしていますが、車には自動ブレーキなどの安全装備が付いていません。

そろそろ安全な車が必要かなぁ・・・

 

 

 

 

 

 

 

その他 | comments(2) | -